TOP > ちびっこランドについて > 保育理念・方針

一、健康、安全など生活に必要な基礎的な習慣を養い生命保持及び情緒の安定を図る

一、人に対する愛情と信頼感、人権を大切にする心を育てると共に自主・協調の態度を養い道徳性の芽生えを養う

一、保育生活の中で、様々な体験を通し豊かな感性を育て創造力・思考力の芽生えを養う

知育(頭)・徳育(心)・体育(体)のバランスの取れた保育をします。

思いやりや尊敬の気持ちを育てる"混合自由保育"の実施
年上の子が年下の子をかわいがれるようになり、積み木、おもちゃを通して思いやりの心が芽生えてきます。また、年上の子を尊敬できる気持ちを育てます。

安全保育(安全保険制度)
保険システムに加入していますので、保育中はもちろんのこと、
通・降園途中の万一の事故の場合でも迅速な対応が可能です。

忙しい保護者様にも安心の幅広い保育体制
活き活きと活躍する保護者様の為に、安心して預けられる保育所を目指します。美容院、病院、急な仕事等お役に立てる保育体制を整えています。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

ヒトの頭脳の成長期0歳~6歳までの良い時期にあたまとからだとこころに良い刺激と環境を提供します。

ヒトの頭脳の80%が3歳までに出来上がる

赤ちゃんの頭脳は3才で80%が出来上がると言われています。
この3才までの時期が最も大切な時期といえます。
3才までの頭脳の急成長時期に、頭と心と体に良い刺激を与えてあげることが、
最も大切なのです。
良い時期に良い刺激を知育(あたま)・体育(からだ)・徳育(こころ)に
与えてあげることで
  知 … 知性、聡明な頭脳、かしこい子
  情 … 情操、愛情豊かな心、やさしい子
  意 … 意思、行動への意欲、つよい子
これら3つのバランスのとれた子どもに成長するのです。


イメージ

遺伝より環境が大切

生まれたときはどの子もみな同じ。
 ・遺伝によるもの … 顔が似ている、足が速い、遅いなど
 ・環境によるもの … 記憶力、考える力、やさしい心、
            判断力、頭脳など
良い時期に良い刺激を知育(あたま)と体育(からだ)と徳育(こころ)に与えてあげることで、赤ちゃんの基礎が育つのです。この三育法を実践し、年上の子が年下の子を可愛がるようになり、遊びを通して思いやりの心が芽生えてきます。

イメージ

生きる力を身につけよう

一方的に教えたり、マニュアル通りに体験させることは、成長しても誰かに言われなければ行動できないお子様に育つ可能性が高く考えられます。

たくさんの経験をして、たくさん失敗することで、マニュアルに頼るのではなく自分で知恵を働かせ、失敗しても生きていける力をつけることができます。
これがこの先、子どもたちが生きていく上で最も必要なことです。

また、『自分さえ良ければいい』というお子様ではなく、
『自らの意志で思いやりと敬う心で行動できる』お子様に育っていくためには、年齢や能力により排除する環境ではなく、昔の日本の家庭でよく見られた大家族・沢山の兄弟の中で育った、「協調性」「ゆずり合う」「敬う」という意識が自然と芽生える環境が重要です。

イメージ

特定推奨園の特徴とは

ちびっこランド特定推奨園へのお問合せは各園にお電話又はお問合せフォームよりお問い合わせください。

第二松戸園


大きな地図で見る JR新八柱駅/新京成線八柱駅 徒歩3分

千葉県松戸市日暮5-190 ドリーム八柱2F

047-389-9415

東船橋駅前園


大きな地図で見る JR東船橋駅 徒歩30秒

千葉県船橋市東船橋4-31-9

047-460-2727

お問合せフォームはこちら 無料体験教室を申込む

罫線